京都府立医科大学神経内科は、神経内科、老年内科、脳卒中診療科領域の疾患の診療・教育・研究に全力で取り組んでいます。

神経内科教室について

京都府立医科大学 神経内科 > 神経内科教室について > 臨床研究について

臨床研究について

患者さまへ

神経内科では『悪性腫瘍患者における脳梗塞発症について』の研究をしています。
医療の向上のため、患者さんの診療録(カルテ)情報を調査・観察させていただくことがあります。
詳細はポスター画像をご参照ください。
なにとぞご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

京都府立医科大学 神経内科では「iPS細胞を用いた希少神経難病疾患の病態解明と治療法開発」について研究を行っております。この研究に際して、過去に病気の診断のために患者様よりご提供頂いた病理検体(筋肉、神経を含む)のうち保存してあるものについて、一部を研究に使用させて頂くことがございます。詳細については個別に主治医または担当者よりご説明し、ご同意を得られた検体のみが研究に使用されます。この研究内容について、京都府立医科大学 倫理審査委員会より審査・承認を受けております。

ページの先頭へ